【マツダ】人工知能も良いが、車のマニュアル運転で、老人のボケ防止を!!【7261】


【マツダ】7261

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/01(日) 15:04:23.03 ID:CAP_USER
■一周して最先端、オートマにはないMT車の“超”可能性

マニュアルトランスミッション(MT)は消え去るかもしれないという空気が消えつつある。

一昔前と違って、ここ数年MTを搭載したというクルマが少しずつではあるが増えている。

やはり駆動力制御のダイレクト感や、意図していない操作は決して行われないということがMTの大きな利点である。

といった普遍的なMTの価値と違う、超可能性を唱え始めたのはマツダである。

マツダは高齢化社会に対してMTがボケ防止につながるというテーマで、何と東京大学に投資して講座を設けて真剣に研究している。

基本となるのは米国の心理学者、ミハイ・チクセントミハイが提唱する「フロー体験」である。

ゲームを想像してもらうと分かりやすいが、簡単過ぎるゲームはすぐに飽きてしまうし、あまりに難しいゲームは戦意を喪失してしまう。

ちょうど良い挑戦的な状態は人を活性化させる。

日本で古来から言う「没我の境地」のようなもの。

それをチクセントミハイはフロー体験と言うわけだ。

マツダは「MTをうまく運転しよう」ということは、このフロー体験になるのではないかと考えた。

ただしである。

自動車の運転は公共の安全を考えても、そう簡単にチャレンジングなことをしてもらっては困る。

実際、高齢者の事故が大きな問題となっているご時世でもある。

そこで、マツダは自動運転の技術を使って、エラーを回避するシステムを作り上げようと考えた。

あたかもシークレットサービスのようにドライバーの影に潜み、いざというとき、ドライバーに代わって危機を回避するというのである。

自動運転と言うと人が何もしないことを考えがちだが、人こそが主役で、システムはそのサポートをするという考え方も成立する。

そう考えると、目的は安楽ではないので、MTの自動運転という考え方も成立するのである。

そういう技術がいつできるのかという質問にマツダは「10年ではかかり過ぎ」だと答えていたので、遠からず何らかの技術が出てくるだろう。



9: 名刺は切らしておりまして 2017/01/01(日) 15:11:43.93 ID:jiF4M8+b
>>1
>MTの自動運転という考え方

自動ブレーキとかは良いとして、自動運転はいらないよ。

2: 名刺は切らしておりまして 2017/01/01(日) 15:06:21.15 ID:dcuCKJxS
カブみたいな感じにならんのかね?

スロットル戻してガチャンて変速するの。

10: 名刺は切らしておりまして 2017/01/01(日) 15:13:24.35 ID:Fg2Q86iA
>>2
数年前にいすゞのトラックであったな2ペダルMT

すぐに姿を消したがw

3: 名刺は切らしておりまして 2017/01/01(日) 15:07:11.56 ID:7wrVxpB8
走る喜び

5: 名刺は切らしておりまして 2017/01/01(日) 15:10:25.28 ID:X16kKEo0
死んだおじいちゃんはシンクロ付いてる時代になってもダブルクラッチ使って減速してたぞ

6: 名刺は切らしておりまして 2017/01/01(日) 15:10:25.47 ID:NJOT+i/z
四の五の言ってるけど、要するに完全自動運転はマツダには無理ってこと?

12: 名刺は切らしておりまして 2017/01/01(日) 15:17:09.56 ID:vTH9gCGy
無い無いw

15: 名刺は切らしておりまして 2017/01/01(日) 15:20:26.80 ID:X16kKEo0
>>12
MTしか運転できない高齢者は結構いるよ

だからスズキの軽自動車は低いグレードはMTを残してる

21: 名刺は切らしておりまして 2017/01/01(日) 15:25:26.20 ID:vbOtphy0
>>15
そうだよね、アルトのワークスしかり、スイフトのスポーツしかり

13: 名刺は切らしておりまして 2017/01/01(日) 15:19:11.22 ID:8g82fCys
半クラッチを自動でやらせればいいんじゃね?

14: 名刺は切らしておりまして 2017/01/01(日) 15:20:25.62 ID:QLnPLCiF
渋滞でのMT操作のうざさは最悪。

74: 名刺は切らしておりまして 2017/01/01(日) 16:21:25.63 ID:8LEJQvkm
>>14
それでいいんだよ。足腕動かし煩わしさが増す事で眠気も覚める。

17: 名刺は切らしておりまして 2017/01/01(日) 15:23:30.06 ID:BAwtx5NW
MTだけど、ATに切り替えも出来る車は規制対象なのかなあ。

MTに乗りたくても奥さんがATしかという家も。

19: 名刺は切らしておりまして 2017/01/01(日) 15:24:50.48 ID:JaZMVYf6
明確に、運転から人間を解放しよう、が最先端になってるのに何を言っとるんだ

23: 名刺は切らしておりまして 2017/01/01(日) 15:26:23.89 ID:JdMijqJ9
車て何でも電子制御とか自動何とかハイテクになるほど

面白くなくなっていく気がする

26: 名刺は切らしておりまして 2017/01/01(日) 15:29:38.27 ID:ArvMDSvd
マニュアルの軽でパワステもないやつ

エアコン付いてりゃもう十分だよ

ラクに運転とか言い出せばキリないけどそんなの要らないんだよ

29: 名刺は切らしておりまして 2017/01/01(日) 15:31:59.04 ID:36VV8Ebo
機械が進歩するほど人間はバカになっていく

これは通説

30: 名刺は切らしておりまして 2017/01/01(日) 15:32:41.01 ID:4MH6ma7T
ボケ防止用か

31: 名刺は切らしておりまして 2017/01/01(日) 15:33:16.61 ID:X16kKEo0
MTの運転が難しいなんて最初の1週間だけだろ

41: イケマロ 2017/01/01(日) 15:49:56.51 ID:+hS0Lc+Y
楽は人を退化させる!

44: 名刺は切らしておりまして 2017/01/01(日) 15:53:21.95 ID:YqciPm4d
自動運転は信用ならない。

自動運転車で事故ったら、メーカーが全て責任を負わないかぎり。

55: 名刺は切らしておりまして 2017/01/01(日) 16:01:15.20 ID:4MH6ma7T
レコードとか銀塩カメラと一緒だよ。

お好きな方には堪らない、っていうタイプのやつ。マニア向け。

57: 名刺は切らしておりまして 2017/01/01(日) 16:03:10.39 ID:Q0EhKgQK
自動運転で走れないような場所はマニュアルの方が安心感あると思う

76: 名刺は切らしておりまして 2017/01/01(日) 16:23:25.06 ID:9p5fBom/
MT車の後ろに「MT」とステッカーを張ってほしい

坂道発進のときに、後ろの車に分かるように



コメントを残す

【重要】口コミ投稿に関する注意事項
下記に該当する投稿は禁止とさせて頂きます。
・個人の名誉を傷つけ誹謗中傷する書き込み
・事実誤認ととれる内容の書き込み
・客観的事実に基づいていない内容
・有料情報の公開、メールマガジンの転載など著作権侵害並びに投資情報サイトの営業を妨害する書き込み
これまで何度も上記の書き込みに関する注意事項を掲載して参りましたが、特定のIPアドレスからの個別中傷、複数の投資サイトへの同時書き込みなどが見られます
対策措置として、今後上記注意事項に該当する書き込みを行った投稿者に関しまして、書き込みをブロックさせて頂きます
尚、書き込みを行った時点でこの注意事項に了承してものとさせて頂きます。


投資顧問アクセス数ランキング

あなたにオススメ

【驚愕】株価55%の下落も、日銀資料がひっそりと公開され、株価の下落はこれからが本番と【日銀】
【ファミマ社長】「お客や加盟店オーナーのためなら、バカでも何でもやる」【8028】
【パナソニック】家電「高級化」で営業益12%増を目指す!って言ってるけど、出来んの?wwwww【6752】
【トリドール】入社式に必要以上に金をかける会社はヤバイからやめておけと言われたけど・・・【3397】
【アベノミクス】実質賃金低迷でマイナス成長、明白になった破綻【安倍政権】
【15時退社】プレミアムフライデーを導入した企業は「わずか0.1%」のみ!!【消費促進】
今どきの女子は貯蓄好き? 20代で「500万円以上」が30.5%も
【ファーストリテイリング】この次は順調に行ったら店舗数削減の予定【9983】
【7201】CEO報酬を10倍にする と見た【日産自動車】
【大富豪】ビル・ゲイツ氏が5070億円相当の寄付!「節税目的だろ?」って思ってる奴ら、それは間違いだぞ【寄付】
【東京電力】東電社員の平均年収が733万円に!震災前の水準に戻る【9501】
これはいかんでしょw産業革新機構がシャープの債権放棄を主力2行に打診
レアル建てブラジル国債を持ってる人は注意!ブラジルレアルが過去最安値 4日続落!
「ギリシャがチェックアウト」→「ギリシャが編集可能に?」
【在日米軍】本当にこんなんで大丈夫なの?オスプレイが不時着!!【墜落】

このページの先頭へ