常勝株ジャーナルのアナリスト情報

藤井英敏

藤井英敏氏について

藤井英敏

元フィスコ執行役員として活躍したIPOに精通する数少ないマーケットアナリスト。

日興證券(現SMBC日興証券)に入社後、フィスコの執行役員としてフィスコを代表するマーケット・アナリストとして活躍。そして、フィスコのIPOを経験したことで、自身のIPO経験を活かせる希少なマーケット・アナリストとして、数々の雑誌やメディアで活躍の場を広げています。

20年以上も、金融情報配信サービスに携わるベテランということも有り、東証一部の大型株だけでなく、新興市場の超小型株やIPOまで幅広く精通し、同時に先物・オプション市場についても詳しい。また、自身が経験し培った株式の知恵をわかりやすく、ユーザーに届けることをモットーにし、自身でもカブ知恵(kabutie.jp)という投資情報サイトを運営しています。

常勝株ジャーナルとは

  • 常勝株ジャーナル

    常勝株ジャーナル

    株式会社G&Dアドヴァイザーズが運営する中堅投資顧問

    市場の動きは日々刻々と変化します。だからこそ“今この瞬間、市場の注目は何なのか”“どのセクター、どの銘柄に資金が流れ込んでいるのか”、逆に“売り崩されているのは何か”等々、市場の生の情報が非常に重要となります。当社ではそのような市場の生の声は勿論、市場の裏まで知り尽くす人脈など、量・質ともに他を圧倒する情報力を元に独自のノウハウを駆使した上で最高水準の情報をお届けします。

    また、市場では「噂話」をはじめ様々な情報が日々溢れており、その溢れる情報の中から【本物の情報】を見極める目も非常に重要となります。事実、思惑だけで株価が動くケースも往々にしてあり、時には事実関係以上に“その話が株価に影響を及ぼすか”という観点が重要となる場合もあり、数値や指標等で表せないものも存在しますが、当社では長年培ってきた“プロの目”と“独自ノウハウ”を元に本物の情報を見極め厳選してお届けし、これまでも高いパフォーマンスを積み重ねてきています。

※なお、藤井英敏氏は、あくまでコラムを寄稿している立場のため、藤井氏が推奨する銘柄を常勝株ジャーナルで直接購入できるわけではありませんので、ご注意ください。

あなたにオススメ

日本株はやはり9月が底値だったのか?3兆878億円と統計開始以来最大の海外勢売り越しもほぼ取り戻す
【パナソニック】「ナノイー」空気清浄機を京王電鉄新型車両に搭載!!電車内って結構クサイもんなwwwwww【6752】
【新聞】日経新聞が一気に400円も値上げ!なんでなん…【値上げ】
【ユニー・ファミリーマートHD】11年ぶりにレジ刷新!投資額は110億円【8028】
【納税】電子納税しやすく 国税庁、証明書や専用機器不要に【政治】
【6502】「社内はどこもかしこも地獄だらけ」現役社員がチャレンジ強要の現場を録音・・・大声で罵倒、机を叩き無謀な施策を要求【東芝】
【飲酒】業界が「とりあえずワイン」を定着させようとしてるぞ!!【ワイン】
【金融緩和】日銀黒田総裁「物価2%超まで緩和継続」 って、本当に出来んのか?wwwwwww【日銀】
【人工知能】中国の物流ロボット会社が日本法人設立!スパイか!?【ロボット】
【日本国債】大変だ!これでは隣国に助けてもらわなければならないではないか(棒 【フィッチ・レーディングス】
【2651】ローソンがJCBと提携して電子マネー事業に参入。ユーザーとしてはいらないね…。【ローソン】
【財布の紐】なんでこんなに景気が悪いままなんだ?【消費】
【喫煙】喫煙率が20%を割り込む!増税が影響か?一昔前は1箱200円台【嫌煙】
【アベノミクス】実質賃金低迷でマイナス成長、明白になった破綻【安倍政権】
【悲報】アベノミクス消失、海外のみならず経済界からも美しい批判の声が【アベノミクス】

このページの先頭へ