投資顧問を使う上での注意点と見極めポイント

このページでは、投資顧問を使う上での注意点と見極めポイントを確認していきます。

投資顧問を使う上での注意点

投資顧問を利用する際の1番の注意点としては、先に挙げたように、投資に関してはすべてが自分の責任において判断するということを徹底する事です。つまりは、投資顧問会社のアドバイスに従ったり、投資顧問会社に投資を一任したりして得た成果(プラスであれマイナスであれ)は、全て自己責任となります(自己責任の原則)。損失を出しても基本的には自己責任となり、投資顧問会社へ損失補填の申し立てを出来ません。

そのため、投資顧問会社選びは、できるだけ慎重に選ぶ必要があるのです。

各投資顧問会社には、長期の投資に強い投資顧問会社デイトレードに強い投資顧問会社業界の速報・情報などいわゆる”仕手筋の情報”に長けた投資顧問会社など、それぞれの会社が得意とする分野を持っている場合がありますので、これらをご自身で見極める必要があります。

良い投資顧問の見極めポイント

弁護士が法律の専門家であるように、投資顧問は投資に関する専門家です。

株や先物あるいは、債権や為替と投資をする上で、困った時に相談できる場所が投資顧問なのです。

ただし、残念なことに近年は悪質な投資顧問が急増しており、優良な投資顧問をきちんと探しださなければなりません。当たり前と言っては当たり前なのですが、投資顧問を利用する際は、きちんとした投資顧問を選ぶようにしましょう。

では具体的に、どう選んでいけばよいのでしょうか?

優良な投資顧問の条件

優良な投資顧問にはいくつか同じような特徴が見られます。

私は、この共通した特徴があるかどうかで優良投資顧問会社かどうかの判断をしていますので、みなさんもどうぞ参考になさって下さい。

  1. 提供するサービスが金融商品取引法に則っているかどうか?
  2. 無料のサービスを提供しているかどうか?
  3. 電話による窓口を設けているかどうか?

大まかにですが、まとめると上記3つがその条件になります。それぞれ、説明していきます。

提供するサービスが金融商品取引法に則っているかどうか?

これには賛否あるのですが、基本的には金融商品取引業者(金融庁への登録)として営業を行っているかどうかを確認します。金融商品取引業者として営業を行っていれば、法律(金融商品取引法)を逸脱するような行為はまずないと判断できます。もし、ルールから逸脱している金融商品取引業者がいれば、金融庁からの処分が下され、最悪の場合、刑事罰を受ける可能性もあります。

金融商品取引業者という登録を持つ投資顧問は、こうした面で最低限の条件は満たしているといえるでしょう。

無料のサービスを提供しているかどうか?

無料のサービスを提供している投資顧問は、たとえ無料でもその投資顧問の評価になりうることをわかった上で提供していることがほとんどなのではないでしょうか。

そのため、無料で提供するサービス(コラムや銘柄、銘柄相談など)であっても、中途半端な情報を出していては逆効果になる場合もありますね。

例えば、無料銘柄と言えど手を抜くような投資顧問は、有料情報でも中途半端なパフォーマンスしか出せないというのが私の持論です。

無料であってもきちんとしたサービスを提供してくれる投資顧問こそ、優良な投資顧問だと考えています。

電話による窓口を設けているかどうか?

電話による窓口を設けているかは非常に大きなポイントです。

というのも、メールだけの相談窓口しか設けていない投資顧問の場合、相談に対する返答までの時間などにタイムラグがありますし、何よりも、「担当してくれるスタッフが、果たして金融のプロであるかどうか?」の判断がつきにくい場合がほとんどだからです。

※実際、私もメールだけの対応しか行わない投資顧問会社で痛い目を見ました…。

電話での窓口を設け、顧客の声に真摯に応えられる投資顧問というのは、実は限られています。この条件を満たせるかどうかだけでも、優良の投資顧問と言えるかどうかの境目と言っても過言ではないと思います。

まとめ

  1. 提供するサービスが金融商品取引法に則っているかどうか?
  2. 無料のサービスを提供しているかどうか?
  3. 電話による窓口を設けているかどうか?

以上、3つのポイントを忘れずにチェックすることで、投資顧問会社を選ぶ際の最低限のポイントを抑えることが出来ます。

実際にどの程度の利回りパフォーマンスを出せているのか?という点においては、私を含め、皆様の口コミや無料銘柄のパフォーマンスを地道に検証するしかありません。

すぐに自分にあった素晴らしい投資顧問を見つける魔法はありませんが、時間をかけてでも地道に探す事で、必ず優良な投資顧問会社を探しだすことが出来るはずです。

皆様が素晴らしい投資顧問に出会えることを末筆ながら心よりお祈り致しております。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

このページの先頭へ